SNSを見る度に他人と比較するようになった僕は、SNSを辞めた。

SPONSORED LINK

f:id:hanano_mani_0125:20180503104209j:plain

まにです。

SNSをやっていて、あなたはこう思ったことはないですか?

 

 世の中には自分よりももっと凄い人がたくさんいる...
それと比べて自分は全然ダメだ...

 

SNS見てると、自分よりも年下なのにフォロワーが1万人もいたり、世界一周だとか普通じゃできないことを発信して、ツイートする度にめちゃくちゃいいねされてる人がいたり、自分よりも幸せそうに人生を生きてる人がいたり、旅行に行ってめっちゃ充実した休日を過ごしてたり。

本当にいろんな人と繋がれるのがSNSの良いところですよね。

しかし、それは裏を返すと、「いくらでも自分と他人を比べることが出来る」ということにもなり得ます。

 

僕は、毎日嫌という程タイムラインに流れてくる「他人の成功報告」に、「自分の現状」を比べるようになってしまい「大した結果も残せない俺って何の価値もねぇな...」と自分の存在意義までも否定するようになってしまいました。

そして僕は、自分が自分であるために、SNSを辞める事にしました。

 

今回は、僕の体験談を元に「他人と比較せず自分自身の価値に気づけるようになる方法」を伝えていきたいと思います! 

 

 

Twitterを見てると劣等感を抱くようになった

もともと僕は、このブログを知ってもらうため、もっと自分を知ってもらうための、自己ブランディングのために、Twitterを始めました。

 

当然始めた当初はフォロワーなんて2桁レベル。ブログのPVは初月71PVという有様でした。

 

しかしそれでも、まだ1ヶ月目。

これからどんどん伸びてくだろーと楽観的にみて、ツイートもそこそこにフォロワー獲得や記事更新に取り組んでました。(今思えばそんな頑張ってないけど)

 

しかし、時間が経って行くに連れ、同時期にブログを始めた人達は「3ヶ月目、何万PV達成!!」などとどんどん先に結果を出し始め、さらにフォロワーが増えていく中で、「自分なんか比にならんくらいの結果を出している人」の存在を知るようになり、結果を出せてない僕はどんどん置いていかれました。

 

まぁ今振り返ると、全然やった量が足りなかったから置いていかれるのは当然なのですが笑

 

僕のタイムラインはそうした「自分よりも凄い人達」で埋め尽くされ、「今月は〇〇達成しました!!!」「やっと〇〇できました!!」という成果報告の嵐。

そうして僕は、そんなタイムラインを見る度に俺はかけた時間の割に何の結果を出せない雑魚なんだと劣等感を抱くようになったのです。

 

「他人の価値観の中にいる」と気づいた

他人と比べて自信をなくしてしまった僕はどうしたか。

というと、僕は馬鹿なことに「こいつら全員超えてやろう」と思ったんですよね。

 

そして、

 

英語ができれば超えられる...

プログラミングもアプリ開発して、

ブログも何十万PV、何十万円と成長させれば...

 

結果を出すことに意識を向けすぎた結果、自分が本当にしたいことが見えなくなり、「あれ...俺が本当にしたいことって、これか?」と、他人の価値観に踊らされていたことに気づきました。

ていうか一気に全部出来るわけがないんですよね。

一流サッカー選手と医者、両方に同時になろうとするのと同じ。

どう考えても無謀です。

 

何か目標があったり、出したい結果がある時って、「自分が心からやりたいと思える」ことが大切なのに、僕はその部分をあろうことか「他人からの評価のため」と躍起になっていたのです。

 

「自分」を守るために、僕はTwitterを見るのを辞めた

そんな風に、他人の価値観に囚われ続けていると、絶対にどこかで潰れます。 

他人の価値観なんて無限にあるのに、その価値観一つ一つにいちいち対応してたらキリがない。

ましてや全ての人から高い評価を受けようなんてオバマですら無理です。

 

他人の価値観の中にいると気づいた僕は、「自分がどうありたいか」だけを信じるため、自分を守るために、Twitterを見るのを辞めました。

完全に発信専門になった今、僕は「ブログ飯がしたいから」という自分の価値観のためだけに、ブログに取り組むことができてます。

 

あらゆるノイズを取り除け!「自分の心の声だけ」に耳を傾けよう

他人と比較しないようにするのは至極簡単。

他人を見ないようにすればいいのです。

僕がTwitterのタイムラインを一切見ないようにしたように、他人の情報を視界に入れなければいい。SNSを辞めたくないなら、発信専門になればいい。

 

いやいや、他人を一切見ないっていうのもどうかと思うんだけど...

 

確かに、周囲のことは一切考えず、自分のことだけしか考えてないようなイメージですよね。

しかし、それくらいがちょうどいいんです。

他人に合わせていたらいつまでたっても自分の幸せはつかめません。(他人に迷惑をかけるのはダメだけど)

 

「あの人もやってるから、みんなやってるから、自分もやらなきゃ」

そんなうちは、他人の価値観の中から抜け出せません。

 

「自分がこうしたいからこうすんだよ、なんか文句でもあっかアァァン」

と言えるくらいになりましょう。

 

自分の心の声だけが、自分を幸せに出来る唯一の指針です。

 

そして、他人が気にならなくなるくらい「行動」で埋め尽くせ。

自分を幸せにしてくれる「心の声」を聞いたら、あとは行動あるのみ。

他人のことなんかどうでも良くなるくらい、行動しましょう。

考える時間なんてないくらい、没頭するのです。

 

 

他人と比べてしまうのは、他人と比べる時間があるから。

他人と比べる時間があったら、自分の幸せを掴むために、余すことなく時間を使いましょう。

 

僕は大学在学中には必ず日本一周したいので、今バイトを2つ掛け持ちして資金を稼いでます。もちろんブログでも稼げるようになりたいので、毎日1記事・月30記事投稿を目標に毎日記事を書いてます。他にも、TABIPPOという企業ボランティアに参加したり、腹筋を割るために月100kmを目標にランニングしてます。

 

流石にこれくらいやったら、他人と比べる暇はなくなりました笑

 

あなたも、他人との比較を辞めて、自分のためだけに時間をフル活用しませんか?

 

 

▼他人と比較してしまう方にオススメの小説。

派遣社員の落ちこぼれアラサー女子が、1年後の30歳の誕生日にラスベガスで豪遊して死のうと決め、資金を稼ぐために1年間を死ぬ気で生きる物語。「死ぬ気で生きる」とは何かを教えてくれます。

 

やりたいことがないと悩むのは無駄。「夢をかなえるゾウ」から学ぶやりたいことの見つけ方

人生を変える上での一番の無駄は「悩むこと」。人生は行動することでしか変わらない。

ここが運命の分かれ道。「自分は大したことないんだなぁ」と思った時の対処法。