Wake Up!

まにまにらいふ。

やりたいことをして生きる。

【保存版】人生が辛い人に贈る30の大切なこと総まとめ。

SPONSORED LINK

f:id:hanano_mani_0125:20171119200433p:plain

 

こんにちは。1年前に適応障害になり人生を諦めかけました、まにです。

職場や学校でいじめやパワハラを受けうつ病になってしまったり、「人生が辛い」と絶望的になってる方、近年増えてきています。

 

僕自身も現役で入学した大学に馴染めず、経済的なストレスで「適応障害」になり、「死にたい」と毎日ずっと思っていました。

 

「誰にも必要とされていない」「消えてしまいたい」と考えてしまうの、本当に辛いですよね。

会社は自分がいなくても回るし、自分が学校に行かなくても何も変わらず授業が行われます。自分がいなくても世界は回る。その事実が、自分をどんどん追い込んでしまうんですよね。気持ちはすっごくわかります。

 

でもね。

「自分がいなくても誰も悲しまない」と考えるの、もう止めにしませんか?

 

これからは、「あなたが生きたいように生きる」のです。

誰に必要とされるわけでもなく、ただあなたがやりたいように生きる。

私は適応障害を完全克服してからは、自分のやりたいように生きていますが、毎日が楽しくて仕方ありません。まさにストレスフリーです。

 

今悩んでいるあなたも、1ヶ月、いや1週間だけでもいいです。

自分のストレスになってるものを全て投げ出して、

自分の好きな事、やりたい事、自分の思うがままに生きてみませんか?

 

この記事では、僕が適応障害を乗り越えて学んだ「30の大切なこと」を紹介します。

みなさんの生きる力になれれば幸いです。

 

 

30の大切なコト 

 

 

0「ストレス源を絶つ」

 

まずは今のストレスの原因になっているものを全て絶ちましょう。

職場の人間関係でストレスがある方は、仕事を休職するか退職し、実家に帰って生活を援助してもらいましょう。仕事よりも、あなたの身体が大事です。体が壊れてしまったら仕事も出来なくなりますからねっ。

 

学生の方は、学校を休学して一旦実家に帰りましょう。

学ぶのも健康な体あってのことなのです。

ちなみに僕の時は大学を辞めましたw

 

1「ご飯を三食食べる」

f:id:hanano_mani_0125:20171112125351j:plain

 

ご飯をきちんと三食食べましょう。

最近ほとんど食べられてない方は特に!

メニューは何でも良いです。色々考えるのを少しだけ止めて、食べたいものを好きなだけ食べてください。

(できればカップ麺やジャンクフードは避けてほしいですがw)

 

 

2「お風呂に入って温まる」

f:id:hanano_mani_0125:20171112125543j:plain

 

お風呂に入ってさっぱりしましょう!

おそらく悩んでばかりなのが辛くてお風呂に入ることを忘れているかと思います。

身体が汗でベタベタしたままだと気持ち悪いですよね。しっかり洗ってサッパリしましょう。

 

ご飯をちゃんと食べて、軽く運動もして、お風呂に入ってあったまる。

この3つが、鬱から脱却する第一歩になります。

 

 

3「朝6時に起きる」

f:id:hanano_mani_0125:20171112130302j:plain

 

規則正しい生活に近づけるために、ちょっとだけ頑張って朝6時に起きましょう。

 

僕が適応障害で闘病中の時は、夜眠ることができず朝7時頃になってようやく眠りにつくという生活を送っていたので、眠れない苦しみはよくわかるんです。

 

寝なきゃいけない夜は眠れず、活動しなきゃいけない昼間に寝てしまう。そんな生活サイクルから抜けられなくて苦しいんですよね。

 

でも、そんな負の連鎖から抜け出せたら、確実に鬱脱出に近づけます!

もし今、夜眠れない状態なら無理にこの課題をする必要はありません。

 

徐々に、徐々に、眠れるようになっていけばいいのです。

アドバイスとしては、身体を動かしてご飯を食べていると、ぐっすり眠れるようになります。

 

 

4「カーテンを開けて部屋に太陽の光を入れる」

 

部屋のカーテンを全開にして、太陽の光を入れましょう!

 

部屋の中が暗いと気持ちもどんどん暗くなっていきます。

僕の症状がピークの時は部屋のカーテンを全部閉め切ってましたが、症状が良くなることはなかったですね。しかし、病院に行き始めて太陽の光を浴びるようになってからは、少しずつ改善に向かって行きました。

 

出来れば、窓も開けて空気の入れ替えもするとバッチリです!

部屋の中に溜まってた悪いものを外に出しましょう。

 

 

5「朝散歩する」

f:id:hanano_mani_0125:20171112130316j:plain

 

朝起きれるようになったら散歩をしてみましょう。

 

日が出てちょっと明るくなってきたくらいの時間がオススメです。

もし日が出ている間は外に出たくないのであれば、夜でもOK!

 

外の空気を吸うって結構大事なんです。部屋の中の空気と外の空気ってやっぱり違いますからね!朝の朝焼けを見るのも良し、夜の星空を見上げるのも良しです。

 

 

6「部屋を掃除する」

f:id:hanano_mani_0125:20171112132320j:plain

 

 

部屋が散らかってると、自分の思考も散漫になりやすいです。

断捨離して、スッキリしましょう!

 

断捨離のコツは、「今でもお金を出して買うか」と考えながら捨てるか残すかを判断すると良いです。「今後も使うかも」と思って残したものって結局使わなかったりするんですよねw

この機会にインテリアの配置を変えるのも良いですね!

 

 

7「カウンセリングに行く」

f:id:hanano_mani_0125:20171112132330j:plain

 

精神科より、カウンセリングに行きましょう。

うつを治すには、薬も多少必要ですが効果のある治療法は「認知行動療法」です。

matome.naver.jp

 

精神科に行くと、病院によってはただ病名をつけて対応する薬を処方するというだけだったり、入院を強いられたりするので、あまりオススメできません。

 

薬もあくまで一時的に症状を軽くするものがほとんどですので、薬を飲んだからといってうつが治るわけでもないのです。うつを治すには、自分が抱えている不安やストレスを解消できるようにするのが一番の近道です。

 

まずは、評判の良いカウンセリングセンターに行ってカウンセラーと話をしてみましょう!他の誰かに話すのは勇気がいるかもしれませんが、自分が抱えている不安やストレスを全部伝えてみてください。誰かに悩みを話すのも、心が軽くなるものですよ。

 

 

8「ジョギングをする」

f:id:hanano_mani_0125:20171112132407j:plain

 

前の課題では散歩をしましたね。

次は軽くジョギングをして、汗をかきましょう!

 

おそらく今まで部屋に閉じこもって、全く運動をしていないでしょう。

 

今のあなたの身体には、精神的に悪いもの(悩み)と肉体的に悪いもの(脂肪・老廃物)の両方が溜まっているのです。運動をして、デトックスしましょう!

 

歩くくらいのゆっくりのスピードで良いので、30分ジョギング出来たら言うこと無しです!

 

 

9「好きなことをする」

 

ここまでよくついてきてくれましたね!(∩´∀`)∩

ここまで頑張ってきてくれたので、一旦休憩です!

 

今回は「あなたの好きなこと」をしてください。

何でも良いです。「寝る」のも良し。「ゲームをする」も良し。「昼間からお酒を飲む」も良し…。まさに「自由」です!

 

特に思いつかないという方は、「あなたがしてて気持ちがいいこと」「楽しいこと」をすると良いです(´ー`)

 

 

10「日記をつける」

 

昨日はゆっくりできましたか?楽しく過ごせたなら嬉しいです!

今回は日記をつけてみましょう。自分の思うことをありのままに書くのです。

 

あ、日記でなくとも「Twitterでつぶやきを残す」のもアリです!

僕も闘病中はTwitterを使ってました。日記よりTwitterの方が書きやすいかもです。

 

 

11「欲しいものを買う」

 

今まであなたは周りのことばかり気にして、自分のことはないがしろにしてきたのではないでしょうか。

 

逆に、「自分は役立たずなんだ」と自分を追い込むこともしてきたでしょう。そんな「他人に優しく、自分に優しくない」あなたには、自分を大切にできるようになってもらいます!

 

まずは第一歩として、欲しいと思ってたものを買いましょう。

今まで頑張ってきたのですから、そのご褒美を自分のために買うのです。

 

ただし、買うものは予算の範囲内に収まるものが良いですね。

課題0で収入が無い状態を前提としているので、今後の生活費も残しておかなくてはなりませんからね!

収入があるという方も、生活に影響が無い程度で予算を組むことを勧めます。

 

 

12「読みたい本を買って読む」

f:id:hanano_mani_0125:20171112131618j:plain


 

 

たまには本を読んで知見を広げてみましょう。

時間はたっぷりありますから、寄り道しながら、景色を楽しみながらゆっくり行きましょう。

 

本のジャンルはなんでもOK!

小説・雑誌・ビジネス書・漫画・エッセイ本etc...

 

書店に行って、読みたい本を1冊見つけて買いましょう。図書館で借りてもOKです。ただ、アドバイスをさせてもらうと、「自分と同じ状況になり、そこから立ち直るまでの経験を描いた体験記」を読むと少し心が軽くなります。

 

ちなみに僕が読んだのはこの本。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

僕が適応障害でバイトもせず部屋に引きこもってた時に読んだ本。

適応障害克服のきっかけになりました。

 

「レポ」と題されていますが、風俗に行った「レポート」ではなく、鬱になり生きづらい人生を送っていた筆者がレズ風俗に行く、それまでとそれからを描いた体験記です。筆者の「どうせ死ぬならあがいてから死んでやる!」というセリフが僕を立ち直らせてくれたんですよね。オススメです。

 

 

13「美容室に行ってカッコよくしてもらう」

 

人生を楽しく生きるには、「自分に自信を持つ」ことも重要なことです。

外見にコンプレックスを抱きながら生きるのってストレス感じますよね。

 

僕も以前は「一重まぶたで腫れぼったい目」と「ガタガタな歯並び」がコンプレックスで、自分に自信が持てませんでした。自分に自信がないと、何かをしようとした時に「自分なんかが…」って必ず思うようになるんですよね。やろうとする意志はあるのに…非常にもったいない。

 

じゃあ、コンプレックスを解消しちゃえば万事解決!

まず第一歩は、美容室に行って自分に似合う髪型にカットしてもらいましょう!

「こういう髪型にしたい」のではなく、「自分に似合う髪型」にするのです。

 

「自分がカッコよく見える髪型」とか「自分が可愛く見える髪型」って確かにあるんです。僕で言えば、「デコを見せる髪型」は似合うけど、「前髪を下ろす髪型」は似合わない。美容師さんと相談しても良いですが、あらかじめ自分はどんな髪型が似合うのかリサーチしておくと、失敗しにくいです。

 

 

14「親友や家族と飲む」

 

 親友や家族など、信頼できる人と飲みましょう。

自分の思ってることを吐き出すでもいいし、ワイワイ騒ぐでもいいです。

自分の心を少しでも軽くすることが目的ですからね。

 

僕は一番精神を病んでた時に友達とメイドカフェに行きました。

その時は大学も辞めてて、バイトもしてないいわゆるクソニートだったので、「俺みたいになるなよwww」と冗談半分に言ったら「そんなこと言われてもなぁ...重いよw」って言われたのが何気に刺さりましたね。でも吐き出せて少しは楽になったのは事実。

 

 

15「人生で死ぬまでに絶対やっておきたい事を書く」

 

人生で死ぬまでに絶対にやっておきたいことを紙に書き出してみましょう。

 

「死にたい」と自殺願望を抱く気持ちもわかりますが、どうせ死ぬなら自分のやりたいこと、やり残したことを全てやり尽くしてからでも遅くないのです。

 

人間はわざわざ首を締めたり手首を切ったりしなくても、80年〜100年で死にます。その残ってる時間を、自分がやりたいと思ってたことをするのに使いませんか?

 

書き出す紙は「白無地の大きな紙」がベスト!

僕はA4のコピー用紙を使ってます。

紙がなかったら、パソコンやスマホのメモ帳アプリでも全然OKです。

真面目なものからアホなものまで何でも、思いついたら書いてください。

僕も大学卒業までにやりたいことをまとめてますので参考までにどうぞ!

 

www.manimani-life.com

 

また、ロバート・ハリス著の「人生でやりたい100のリスト」という本も読んでみるのもオススメです。

 

人生の100のリスト

人生の100のリスト

 

 

 

 16「温泉に行く」

f:id:hanano_mani_0125:20171112125425j:plain

 

温泉で身も心もリフレッシュしましょう。

 

ここまで誰かに相談したり、本を読んだり、今後の人生のことを考えたりで、頭の中がごちゃついていませんか?この機会に、ゆっくり温泉に浸かりながら頭の中を整理しましょう。癒されることも忘れずに!

 

次の「旅行に行く」も兼ねて、温泉旅行に行くのもオススメです。

僕も、去年の3月に静岡の温泉旅館に友人2人と泊まりましたし、健康ランドにもかなりの頻度で行ってましたw

 

 

17「旅行に行く」

 

旅は人生を豊かにしてくれます。

 

海外に行けば、今までに見たことのない景色も、日本では考えられないような異国の文化を体験できます。国内でも、旅行先の特産品やご当地のグルメも味わえますし、知らなかった世界がたくさんあります。

 

前回の「温泉に行く」も兼ねて温泉旅行に行ってもOKです!

とにかく楽しんで、知らない世界を見に行きましょう。

 

 

18「ダラダラする」

 

一日中何も考えずダラダラ過ごして、ゆっくり過ぎていく時間を味わうのも大事です。

 

おそらく「こんな無駄な時間を過ごして良いのだろうか」と焦るかもしれませんが、急がば回れです。あなたがこれから楽しく生きられるようになるのに必要な時間です。

 

自己管理も出来ないまま、焦って社会復帰しても、また失敗を繰り返すだけなんですよね。

 

僕の時は、実家の家計が火の車だったので、適応障害が完治しないままいきなり「接客バイト」を始めましたが、かなり辛かったです。

何度も辞めようと思いましたw

 

結果的にはこのバイトが適応障害の克服につながり、人間的にも成長できたのですが、クッソきつかったのであまりオススメできません。

 

この「30の大切なコト」を順番通りに進めてくれていれば、おそらく前回旅行に行かれてると思いますし、今回は旅行の疲れをとるという目的も含んでます。1日の長さを感じ、時間の価値を再確認しましょう。

 

 

19「今不安に思ってることを思いつく限り書きだす」

 

0個目の「ストレス源を絶つ」で、精神を追い込んでいるストレスは無くなったかと思います。ですが、おそらくまだモヤモヤして、「楽しく過ごせてるか」と言われたら違うはずです。あなたが感じてるモヤモヤの原因は「不安」なのではないでしょうか。

「将来への不安」、「経済的な不安」、「人間関係への不安」...。

 

僕も大学を辞めることになってから、毎日めちゃくちゃ不安でした。

特に「将来への不安」が大きかったですね。

 

「これからどうするのか」

「将来ずっとこんな暗い人生を歩むことになるのか」

「俺には何もスキルも経験もないのに就職できるのか」

「また大学の入試を受けたところで卒業できるのか、そもそも学費を用意できるのか」

などなど。

これまでの人生でこれ以上に悩んだことは多分ないってくらいに悩みました。

 

とまぁ、感じている不安は人それぞれかと思います。

今回はその不安を解消しましょう。

15個目の「人生で死ぬまでに絶対やりたいことを書く」と同様に、紙に書き出して可視化しましょう。紙に書き出して可視化しないと、ずっと漠然とした不安を感じることになってしまうんですよね。書き出すことってかなり重要です。

 

今回は、思いつく限りの不安を全て紙に書き出すだけで終わりです!

「〜だったらどうしよう...」「これからどうなるんだろう...」と不安に思うってことは、自分では解決策を見出せないという証。今解決策を考えようとしても、おそらく有力な策は思いつきません。

 

なので、そこは成功者や偉人の知恵を借りるのです。

次回からは、不安に思っていることの解決策を模索していきます!

 

 

20「色んな人のブログを読む」

 

まずは特にお金もかからなくてハードルの低い方法から。

色んな人のブログを読んでみましょう。

 

読むのは「まとめ記事」や「体験記」を多く書いてるブログが良いです。日記系のブログからはあまり得られるものがありません。(ー ー;)

 

前回書き出した不安からキーワードを抜き出して検索すれば、役に立つ記事が出てくるでしょう。僕の場合、大学中退で就職できるのか不安だったので「大学中退 就職」で何回も検索してましたw

その時にお世話になったブログがこちら

make-effort-neet-1027.hateblo.jp

 

自分と似たような境遇で、やりたいこと(ITと英語)も一致していたので すごく参考になりました。僕を適応障害から立ち直らせてくれたコンテンツの一つ。

 

 

21「自己啓発本を読んでみる」

f:id:hanano_mani_0125:20171112131814j:plain


 

 

ブログの次は「本」から知恵を借りましょう。

 

「自己啓発本って胡散臭いんだよなぁ」と思うかもしれませんが、ベストセラーになってるものは得られるものが多いです。 ただ、書いてることは大体同じなので読む本は1冊で十分です。本の内容も重要ですが、一番大事なのは「本に書いてあることを生活に取り入れること」です。

 

僕が「生き方」で参考になった本がこちら。

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版

 

この本を読むまでは「楽しく自由に生きる生き方」に疑問を感じていました。

「もっとやるべきことがあるんじゃないか」「こんなことしてて良いのか」と。

この本を読んでから「楽しく自由に生きる生き方」に自信が持てるようになったんですよね。やりたいことをできなきゃ人生じゃない!

 

 

「お金の不安」で参考になった本はこちら。

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く君に伝えたい「お金」の教養

 

学校では教えてくれないお金についての知識、使い方など、「実際に生活で使える知識」が学べました。この本を読んだおかげで「お金の不安」は解消できました。

 

 

22「ブログを読んだ中で、この人みたいな生き方をしたいと思えるブロガーさんを「メンター」にする」

 

前々回で、色んな人のブログを読みました。

 

その中で「目標にしたい」「この人みたいな生き方をしたい」と思えるブロガーさんを見つけられたら、その人を「メンター」にしましょう。

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。 メンター制度とは、企業において、新入社員などの精神的なサポートをするために、専任者をもうける制度のことで、日本におけるOJT制度が元になっている。 メンターは、キャリア形成をはじめ生活上のさまざまな悩み相談を受けながら、育成にあたる。

引用:メンター(めんたー)とは - コトバンク

 

メンターとは、いわば「師匠」。

ブロガーさんを自分のメンターにして、その人から学ぶようにするのです。

ブログを読んでみて、「この人みたいになりたいなぁ」とか、「この人良いこというなぁ」と感じたブロガーさんが少なからず見つけられたはず(多分)

 

僕は「八木仁平オフィシャルブログ」を運営してるやぎぺーさん(@yagijimpei)を勝手にメンターにしてますw 

バイトが嫌でしたくない大学生は、しないほうがいい 」という記事のおかげで、「バイトしなきゃ...」と思うこともなくなり、したくもないことをすることも無くなりました。僕の考え方を変えてくれた記事です。

www.jimpei.net

 

 

 

前回紹介した本も、やぎぺーさんが記事で紹介されてた本です。

www.jimpei.net

 

 

23「不安に思ってることをどうしたら解消できるかを考えてみる」

 

 19の「不安を紙に書き出す」で、自分が今抱えてる不安を可視化できましたね。

そして、ここまでで本やブログから情報を集めました。

次はいよいよ、「不安をどうすれば解消できるか」を考えていきます。

 

ここで重要なのは、「不安が一切残らないようにする」こと。

不安が少しでも残ってしまえば、後々それが大きくなっていくんです。

 

例えるなら「受験」。

受験で言えば、一番大きな不安は「自分は合格できるのか」ですよね。

でも、頑張って勉強して安全圏内に入れば、この最大の不安は解消できます。

しかし、安全圏に入っていても「心配することは一切なし!」とは言えないですよね。

「受験当日に風邪を引かないだろうか」「いつも通りの力を出せるだろうか」などなど、小さな不安は探せばたくさん出てきます。

 

こうした小さな不安にも、念のため簡単な対策を考えておきましょう。

小さな不安でも一つ一つ確実に潰していけば、怖いものなしです!

 

僕も容体が良くなってから、今後の進路を「大学受験」か「就職か」で迷っていた時に、「大学に落ちたらおとなしく就職しよう」と決めたことで、行動をスムーズに移せました。

 

www.manimani-life.com

 

 

 

24「健康ランドに行く」

 

16の「温泉に行く」とダダかぶりかもしれませんが、スルーしてくださいw

僕は適応障害で闘病中に、毎月何回も健康ランドに行ってました。

平日の昼間だとお客さんもめっちゃ少ないので、温泉に浸かろうが岩盤浴に行こうが休憩所に行こうが、ほぼ貸切状態。超リラックスできます。

僕は「万葉の湯」に良く行ってました。

www.manyo.co.jp

 

休憩所で漫画でも読みながら、ダラダラと今後のことでも考えましょう。

 

 

25「嫌でも笑ってしまう何かを見つける」

 

「いつ見ても笑えるもの」を持ってると、一気に人生が楽しくなります。

 

辛いことがあった時に見返せば「励み」になるし、よく笑うようになれば、心に余裕も生まれてきます。

心に余裕が生まれれば、ストレスに感じることも減ってくる。

いつも余裕がなさそうな人は、些細なことでイラついたり怒ったりしますよね。

 

人生を楽しく生きる上で「笑うこと」は必要不可欠。

僕はゲーム実況者の「幕末志士」さんが好きで、よく動画を見ては笑わせてもらってます。有料のチャンネル会員にも入ってるくらい好き!

ch.nicovideo.jp

 

 

26「こんな人間になりたいというイメージを見つける」

 

あなたは「こんな人になりたいなぁ」というイメージがありますか?

 

僕は「たくのみ。」という漫画の「桐山 直」ちゃん(多分誰も知らない)みたいな人間になりたいです。 人生をめっちゃ楽しそうに生きててかわいい。

アニメにもなるんで、是非見てください!(ステマ) 

www.tbs.co.jp

 

 「あの人かっこいいなぁ」「あの人コミュ力すごいなぁ」と、憧れに思う人って大抵は「自分よりも魅力的な人」ですよね。

 

「自分よりイケメン」とか「常に堂々としてる」とか、自分に足りないところを持ってる人。多くの人が「自分はこんな風になれない」と思いこみがちですが、そんなことはありません。

 

むしろ憧れの人を持っている時点で、それだけ「成長の伸びしろ」があるということなんです!

憧れの人の良いところをどんどん盗んで、自分に取り入れていければ人間的に成長しますし、何より自分に自信がつきます。

 

ちなみに、これを心理学では「モデリング効果」といって、効果が実証されています。

モデリング(英: Modelling)は、心理学用語のひとつ。何かしらの対象物を見本(モデル)に、そのものの動作や行動を見て、同じような動作や行動をするのがモデリングである。

人間(主に子供)の成長過程では、モデリングにより学習・成長するとされている。思春期から大人にかけての時期では、憧れの意識から、対象の人物に少しでも近づきたいという心理が発することがある。また、芸能人のファンが、その対象人物のファッションや仕草などを真似るのは、モデリングのひとつである。

引用:モデリング (心理学) - Wikipedia

 

「自分の可能性」が広がれば、人生がもっと楽しくなりますよ!

 

 

27「どんなことでも「自分は運がいい」と思ってみる」

 

 どんなことも「運が良い」と思ってみましょう。

 

何かにつけて「自分が運が悪い」「ついてない」と思い続けていると、自分に都合が悪いことしか見つけられなくなっちゃうんです。

例え運が良いことがあっても、素直に喜べない。「でもでもだって」の粗探しが始まります。

 

そんなストレスマッハな負の考え方はバッサリ捨てて、なんでも「運が良い」と思うようにしましょう。

 

例えば、新しく出たコンビニのスイーツを買いに近所のコンビニに行ったけど売り切れだった時、「新商品は無かったけど、食べたことない別のスイーツを発見して、代わりにそれを買えた」とか、コンビニまで歩いて行ったなら「最近運動不足だったし、良い運動になった」とか。

 

つまりは、「不幸中の幸い」を探しに行くのです!

小さな幸いかもしれませんが、その積み重ねが大きな幸せを生むのです。

 

 

28「人生で死ぬまでに絶対やっておきたい事のなかで、今からでも出来そうなものをやってみる」

 

 15の「人生で死ぬまでに絶対やっておきたい事を書く」で、「これをやらなかったら絶対後悔する!」ってことを思いつく限り書き出しましたね。

じゃあ、今すぐやりましょう!

 

え?

いくらなんでも今すぐは出来ないって?

 

まぁ確かに、書き出したものの中には「今すぐ実行すること自体不可能」なものもあるでしょう。しかし、「今すぐ実行できるもの」を出来ないと言ってるなら、あなたはこのまま一生それをやろうとしないでしょう。

そして、後悔しながら死んでいくことでしょう。そんなの最悪ですよね。

 

じゃあどうすればいいのかというと、答えは簡単。

 

「つべこべ言わずに今すぐ実行に移してください」

 

今の状況ではどうあがいても無理なものはいいです。一旦保留にしておきましょう。

狙うは、「ハードルが低くて、やれるならすぐにでもやりたいもの」。

 

僕のやりたいことリストで例えると、

「ボルダリングをする」

「夜景ドライブする」

「お気に入りのカフェを3つ作る」

「深夜の街を散歩する」etc...

 

どれもやろうと思えば今すぐできますよね。

今のところ、僕がこの中で一番やりたいのはボルダリングかなぁ

お金が無いからできないんですけどね...(絶望)

 

もっとマネタイズを強化していつでも行動できるようにしたい(´Д` )

 

 

29「今後やりたい仕事に繋がることを始める」

 

あなたは「こんな仕事をしてみたい」という職業はありますか?

 

人生を仮に80年とすると、「仕事」は人生の半分もの生活に関わる超重要なもの。

そんな大切なものなのに、なぜか世の中は「やりたい仕事」よりも「安定した仕事」「高収入な仕事」をするべきだという考え方ですよね。

自分のやりたい仕事が高収入で安定してるなら願ってもないですが、かなり稀だと思います。多くの人が、「やりたい仕事か」「安定した仕事か」で悩むはず。

 

例えば、美容師の仕事をしたいけど、生活が心配で公務員になるか悩むとか。

僕もこれで高校時代めちゃくちゃ悩んだので、痛いほど気持ちはわかりますw

僕の場合は、 ITの仕事をするか、公務員になるかでしたね。

ITエンジニアの仕事をしたかったんだけど、ITはブラックが多いってよく聞いてたからビビって公務員の道も考えたりした。

 

でもこのご時世、「100%安定してる仕事」なんてないんです。

あの誰もが知る「シ○ープ」や「TOSH○BA」ですら、深刻な経営不振状態で企業縮小も余儀なくされてます。リストラされる社員も何千人というレベルです。

公務員も、簡単にはクビにされないですし、親方日の丸ですから福利厚生も手厚いかもしれません。これだけ見れば「安定してる仕事」と言えるでしょう。しかし、そんな公務員も「職場の人間関係」が悪ければあっという間に「ブラック化」します。

 

僕の友達にも、公務員になったものの職場のパワハラで鬱病になり、結果退職することになってしまった人がいます。

「大企業に入れば安泰」「公務員になれば安泰」という時代ではないのです。

 

重要なのは、やりたい仕事をすること。

 

やりたい仕事なら、仕事に対してのモチベーションも上がりますし、何より仕事が楽しくなる。そうすれば心の余裕も生まれますし、人間関係が悪ければ別の仕事場へ移るというフットワークも軽くなります。

 

やりたい仕事に就くために、キャリアの第一歩を積みましょう。

 僕の場合は、Webエンジニアになりたいのでプログラミングスクールに通ったりオンライン上のプログラミング学習サービスを使って勉強してます。

ある程度知識が身についたらクラウドソージングで実際に仕事をするつもりです。

 

IT系であれば、転職保証してくれるプログラミングスクールもありますし、未経験でも採用してくれる中小企業やベンチャー企業に転職するという手もあります。

職業探しはこちらのサイトが便利!

careergarden.jp

 

 

30「目標を持つ」

 

やりたいことが決まったら、目標を設定しましょう!

 

具体的な目標を持つのって結構大事で、目標を持ってなかったら「俺なにしてるんだろ...」って自分の進んでる方向を見失っちゃうんですよね。 それが深刻化すると、「他にやるべきことがあるのに、こんなことしても時間の無駄だろ」と、ネガティブに考えてしまうようになる。

 

そういう事態を防ぐために、目標を設定して自分が進む方向をはっきりさせましょう。

僕の場合は、「ブログ」だと最終的な目標は「月間10万PV」です!(無謀)

 今のところ月間1000PVも届いてないので無謀かもしれませんが、毎日1歩ずつでも進んでいけば、必ず届くはず。

 

諦めなければまだ失敗じゃないんです。

www.manimani-life.com

 

 

最後に。

f:id:hanano_mani_0125:20171104121411j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今鬱病で苦しんでいる、自殺願望を抱えるほど人生に希望が持てない人が、この記事を読んで人生を楽しめるようになれれば幸いです。

 

僕が適応障害と診断されてから1年とちょっと経ちますが、たった1年で人生が180度変わりました。

 

1年前までは、自分を押し殺して「こうするべきなんだ」「こうあるべきなんだ」 と言い聞かせてました。結果的に精神が耐えきれなくなり「適応障害」という形で身体にも影響が出てしまいました。

 

ですが、それから半年間人生を見つめ直す時間があったおかげで、今楽しく人生を歩めてる自分がいます。「さっさと死んで楽になりたい」「俺が死ぬことで世界中の人が喜んでくれたらいいのに」とか思っていましたが、今では「誰がどう思おうがやりたいことやるまではぜってぇ死なねぇ」と思ってますw

 

人生って本当はめっちゃ楽しいもの。

 

この「30の大切なこと」を実行して、それを実感していただけたら本当に嬉しいです。

あなただけの、素晴らしい人生を応援しています!

ではでは!