Wake Up!

まにまにらいふ。

やりたいことをして生きる。

【1回目】上4番の小臼歯を抜歯したので記録しとく【歯列矯正】

SPONSORED LINK

矯正を始めました、まにです。

 

まさに昨日、抜いてきました!小臼歯!

いやぁほんと怖かった(ビビり)

虫歯の治療は散々やったからそんなに怖くないんだけど、さすがに抜歯は未知の世界だった。

 

抜歯前日はこれまで連れ添った小臼歯との別れを惜しみました。今までありがとな僕の小臼歯。

 

そんなこんなで、昨日上4番の小臼歯2本を無事抜歯してきましたので色々記録として書いておこうと思います!これから抜歯される方も参考にしていただければ幸いです。

 

抜歯当日

起床

 

当日は朝6時半に起床。

朝食はご飯と唐揚げ、漬物、みそ汁。これが抜歯前最後の食事なので、結構ガッツリめに食べておきました。

いつもは髪をセットしたり、シャワーを浴びたり色々準備するのですが、この日の予約は9時半。病院までは電車で1時間かかるので、軽く洗顔する程度にしておきました。

そして8時に家を出ました。

大学病院へ

 

電車でウトウトしながら1時間揺られ大学病院へ。

9時15分には受付を済ませ、椅子に座って呼ばれるのを待ちます。

しかし、予約の9時半になっても呼ばれず…。

15分くらい過ぎた頃に、看護婦さんから「前の人の処置が長引いているので、もう少し時間がかかりそうなんです~。準備が出来たらお呼びしますので、もう少しお待ち頂けますか。」と言われ、待つことさらに10分くらい。

 

「まにさん~中にどうぞ~」

 

いよいよ抜歯です。

 

あ、ちなみに抜歯する直前はトイレに行っておくことをオススメします。僕も看護婦さんに言われてトイレは済ませておきました。

抜歯直前

 

中に入り、担当の先生に抜歯の説明を受けます。

今回使用する麻酔やら、術式の説明やら、全く分かりませんが虫歯の治療でやる麻酔と同じということで理解。今回使用するのは、表面麻酔・注射による局所浸潤麻酔。これは虫歯の治療でやったことあるから分かる。しかし、今回はさらに「笑気吸入鎮静法」というのもやるらしい。なんこれ、笑うんやろか(素人考え)

 

そんなこんなで説明を受け、同意書に署名。

これで、抜歯する準備は整いました。

治療台に座り、先生たちの準備を眺めてると何やらゴツイ器具がたくさん…。

抜歯になるとそれなりの準備が必要なのか、僕の腕には数分おきに血圧を測る血圧計を巻かれ、鼻には笑気吸入のチューブ、指先には心拍数を測るクリップをつけられました。もうこれ外科手術やん((((;゚Д゚))))

極めつけは抜歯用のデカいペンチ。僕は抜歯が終わるまで決して目を開けないと誓った。

そんな恐ろしい準備も終わり、いよいよ抜歯開始。

抜歯術開始

 

まずは、今回抜く「上4番の小臼歯」とその周囲を消毒。

昔よく怪我した時に傷口に塗られたあの茶色い液体(名前思い出せない)とかオキシドール?の2種類の消毒液で消毒されました。多分w

 

次は、歯茎に表面麻酔を塗り、浸潤麻酔をします。

1発目は表面麻酔をしてるおかげで、注射の痛みもなくリラックスしてました。

が、2発目、表面麻酔を塗ってないところに針が刺され…。そんなに痛くはなかったですが、今だから言うけど先生あそこ麻酔塗ってませんでしたよ('ω')

 

麻酔を打ち終わると、徐々に感覚が無くなってきました。

ペンチで歯を抜く前に歯と歯茎との癒着を剥がしていきますが、全然痛みもなく、「なんか歯の周りいじってんなー」っていう感覚。

終始目を瞑ってたからわからないけど、多分この時点で結構出血してたんだろうなぁ…

 

で、歯茎の癒着も剥がれたらいよいよ抜歯。

ゴツイペンチで歯を挟み、押したり引いたりして抜きます。

この抜く時なんですが、歯を抜く痛みはないけど、「頬」とか「目の下辺りの骨」には、はっきりとした衝撃があります。歯をグリグリグリィイ…と押したり引いたりしてる感覚が直で伝わってきて、精神的に辛い。

ゴギギ、グギという骨の軋む音に耐えて1分くらい、あっけなく抜けました。

さらば、僕の小臼歯。君のことは忘れない。

 

そして同じ流れを反対側の小臼歯もやり、抜歯完了です!

無事終了!

 

抜歯した後は、傷口にガーゼをあてそれを10分近く噛んで止血しました。

麻酔で口が閉じれなかったので、多分かなりアホ面してただろうなぁ。恥ずかしい。

 

血が止まりガーゼを取ったら、全ての処置が終了です。

装着されてた機材を外し、抜歯後の注意を受けて終わりました。

この日にかかった費用は、処置代に7000円ほど、痛み止めや抗生物質に1000円ほどです。あ、ちなみに、矯正による小臼歯の抜歯は保険がきかないので自費診療になります。意外と安く済んで助かった(゚∀゚)

感想

 

f:id:hanano_mani_0125:20171029133042j:plain

 

抜く前は「ドライソケットにならんやろか…」「抜いた後いつも通り生活できるかな…」と不安になってましたが、抜いてしまえばもう後戻りできないので、良い意味で覚悟が出来た気がします。さすがにこれで矯正止めたら死ぬまで歯抜けジジイなんで、それだけは何としても死守しなければ。

 

ただ、今のところ生活に少し支障が出てまして…w

まず、あまり上手く喋れません。傷口に舌が当たらない様に話そうとすると、どうしてもフガフガした声になってしまいますw

TOEICの勉強でメインの音読が出来ないのがキツイ…

 

あとは、固形物が食べられません。

抜歯した傷口にできた血餅(かさぶた)が安定するまでは、噛まずに食べられる流動食しか食べられないんです。血餅が安定しない内に固形物を食べると、血餅が取れ、「ドライソケット」になる可能性が高いので、しばらくはプリンやゼリーなど、の柔らかいものしか食べられない生活が続きます。食べるの好きな僕には拷問ですよ。えぇ。

 

まぁでも、まだ今日は抜歯後1日目なので、今後3日ほど経てば元の生活に戻れるようになると思います。

抜歯は抜いた後の1週間が辛いのです(ノД`)・゜・。

 

そんなこんなで、1回目の抜歯記録は以上です!

これから矯正を始める方、また矯正しようか悩んでる方に参考になれば幸いです。