Wake Up!

まにまにらいふ。

やりたいことをして生きる。

計画倒れしちゃう…!試験勉強が計画通りに進まない人の特徴・対策

f:id:hanano_mani_0125:20171001105626j:plain

 

こんにちは!

最近はTOEICの勉強に想像以上に時間を割かれてるまにです。

 

皆さん試験勉強は計画通り進められるタイプですか?

試験勉強は計画が要になってきますよね。

「試験当日から逆算して勉強計画を立てろ!」とよく言ったものです。

 

ちなみに僕は計画通りいかないことが多いです(笑)

途中で勉強方法が合わなかったり、想定以上に時間がかかる内容だったりすると、途中で修正が必要になるので、最初に立てたスケジュール通りに進むことはまずないですね…。

 

 

しかし「計画通りにはいかないが勉強は継続できる人」なら問題ないのですが、

「計画を立てただけで満足して継続できない人」はちょっとマズイです。

 

高校時代の僕がまさにそんな感じで、試験期間になるとかなり苦労しました(笑)

 

そんな「計画倒れしちゃう人」の特徴と対策を僕の体験談も交えて書いていきたいと思います!

 

 

 

 

無理な計画を立ててしまう

 

 

計画倒れする人って「計画」を特別視しすぎてるんですよね。

「いかに完璧な計画を立てるか」が大事だと勘違いしています。

 

「試験で良い結果を残したい」という気持ちはあるのですが、それに執着するあまり「完璧な計画を立てること」にエネルギーを使い切っちゃうんです。

 

また、その「完璧な計画」も問題なんです。

「これくらいやれば満点取れるっしょ!」みたいな勢いで、凄くハードルの高い目標や勉強方法で計画を立てると、必ず計画倒れします。

 

普段全く勉強しないのに、「一週間で参考書2周する」と決めても3日目くらいで参考書を読むのが億劫になり、その後辞めちゃうんですよね。

普段やらないことを短期間で一気にやろうとするのはかなり難しい事なんです。

 

「やらなきゃ…」と思っちゃう

 

こう思った時点であなたは「計画倒れ寸前」です。

 

「やらなきゃいけない」と感じてるということは、勉強することが自分にとって「負担が大きいもの」「ハードルが高いもの」という認識が強くなっています。

こういう思いが強くなると、次第に勉強を継続できなくなっていって計画倒れを起こしてしまうのです。

 

勉強だけに限らず、何事も継続して行うことで初めて結果が得られます。

目先の結果を気にしすぎず、まずは「継続すること」を第一に考えてみましょう。

 

そもそも勉強自体が好きじゃない

 

これは結構シビアな問題なのですが…(笑)

 

試験勉強で計画倒れする人は決まって「勉強嫌い」な気がします。

勉強好きな人は勉強が楽しくてやっているわけですから、そりゃ「計画倒れ」なんか起こしませんよね…(羨ましい)

 

対策

 

計画倒れを起こす主な原因・特徴は先に書きました。

次はその対策を考えてみましょう。

 

余裕を持った計画にしよう

 

パンパンに詰め込んだ計画を立てしまうと負担が大きすぎて計画倒れすると先に書きました。

 

じゃあどうすればいいかというと、ズバリ。

「余裕が有り余った計画を立てろ」ですね。

 

最初から2、3時間勉強すると決めても、途中で飽きるか1時間程度で妥協してしまうでしょう。

ですので最初の数日は30分だけ勉強して、残りの時間は遊ぶ!という感じで決めましょう。その後、1日30分の次は1時間、2時間…という風に強度を上げていきます。

 

最初はハードルを一番低く設定し、徐々に上げていくのがコツです。

 

自分の気持ちと相談して、負担のない計画を立てましょう。

 

勉強に楽しさを見出そう

 

これは僕でも出来ない時が時々あります(爆)

 

勉強が楽しくない原因って「分からない」からだと思うんですよね。

「なんでそうなるのか分からない」→「分からないことに時間と頭を使うのが嫌だ」→「勉強が嫌い」という流れで勉強嫌いが生まれているんじゃないかと思っています。

 

確かに「分からないこと」には不安を感じますが、それは一旦置いておきましょう。

「分かること」を中心に勉強していけば、その時分からなかったことが分かるようになった!なんてことは結構あります。

 

継続するには「楽しさ」を感じることが最重要です。

数学を勉強するなら「解ける問題を解きまくる」とか暗記が得意なら「用語を暗記しまくる」など。

自分が出来ることから始めましょう。

 

最後に

 

色々書きましたが、一番重要なことは「継続すること」です。

毎回毎回100%を出していたら、どこかで力尽きてしまいます。

 

「物足りないな~」と思ったらレベルを上げたり、量を増やしましょう。

ただし、自分がキツイと思わないレベルを維持してくださいね!