Wake Up!

まにまにらいふ。

やりたいことをして生きる。

「将来が不安でたまらない」という中高生に「大学中退」の僕が贈る言葉

f:id:hanano_mani_0125:20170910053056j:plain

 

「将来が漠然と不安だ…」

「就きたい職業もないし、何をしたいかもわからない」

「どういう進路に進めば失敗しないんだろう」

 

などなど。

こういうことを考えてマイナス思考に陥ってる中高生の方、多いのではないでしょうか?「何もやりたいことがない」と悩んでる時って、自分の将来が見えなさすぎて絶望するんですよね。わかりますその気持ち。

 

僕も中高生の時は将来が不安で、オンラインゲームで現実逃避してました(笑)

 

僕が本格的に進路を考え出したのは高校3年生の時でしたが、その時思い描いていた「将来」と今考える「将来」は「別物」レベルまで変化しました。

 

つまるところ、「自分だけの人生を歩め」というのが僕が中高生の皆さんに贈りたい言葉なんですが、「そう考える理由」を「僕の高校生時代」に沿って書いていきます。

 

 

 

僕の「闇の」高校生時代

 

僕の高校生時代は、今思い返せば「暗いもの」でした。

高校受験を失敗してしまい、泣く泣く偏差値の低い私立高校に通っていたのですが…。

 

それまでは周りのレベルが高かったのもあり、「高校生特有の軽いノリ」というものがすごく嫌いだったんですよね。

「マジー?」「ヤバーイ」「かまちょ〜」などなど挙げればきりがないほどレパートリーに富んだ「若者言葉」が飛び交ったり、「先生をあだ名で呼ぶ」というふざけた野郎もいました。

 

僕はそれに「拒絶反応」を示し、高校では誰一人友達を作りませんでした。

周りがこんなだったのもあり、「俺はお前らとは違うんだ」と言わんばかりに、定期テストでは毎回1位を獲り続けましたねー。

今思うとただの「痛いやつ」な気がしますが(笑)

 

そんな調子で2年過ごし、高校3年。

「受験生」になり、「進路」というものを決めなくてはなりません。

僕は当時「理系」の「生物選択」だったので、自ずと選択肢は「医療系」「生物・化学系」の2つに絞られました。

 

しかし、僕が最終的に選んだのは「工学部情報系」

まともに物理ができなくて生物に逃げたのに、ゴリゴリに物理をやる学部を選んだのです。

 

なぜかというと「就職に有利だから」

 

僕の場合、やりたいことがなかったので進路希望なかなか決められずにいました。

それに伴って将来もかなり不安だったので、「どうしようどうしよう」と毎日ネットで調べまくってました。

進路希望調査のプリントも、8月の提出期限ギリギリに書いて提出できたものの、それまでは何大学何学科も書いては消しを繰り返してました。

 

その結果、行き着いた答えこそ「工学部に行っとけば間違いない」

 

これこそが、僕が高校3年で犯した「間違い」でした。

高校3年間成績トップだったことに助けられ、受験は見事合格できました。

が、ここから先が地獄でした。

 

大学を辞めた

f:id:hanano_mani_0125:20170910073417j:plain

 

あまりに大学が辛すぎて大学を「辞めました」

理由は、「実家が貧乏すぎてとうとう自己破産しかけたこと」、「僕自身が軽度の鬱(適応障害)にかかったこと」の2つ。

 

できもしない物理、全く面白くない授業、大量に出る課題、だんだんわからなくなってくる授業…。

そしてそんな全くメリットを感じない授業に「莫大なお金を払っている」という事実。

膨れ上がっていく「借金」…。

両親から突然告げられた「自己破産寸前」の爆弾発言…。

 

全てに辟易しました。

最初の3ヶ月はなんとか「卒業すれば安泰だ」と言い聞かせて通いましたが、

とうとうある朝、体が動かせず布団から起き上がれなくなったのは今でも覚えてます。

 

そんな状態が1ヶ月続き、大学に行けなかったので当然ほぼ全ての単位を落としました。(体育の授業だけは出席がギリギリ足りたらしく取れてた)

精神科に通いつつ自宅で療養し、後期が始まる前に大学に「退学届」を提出して、そこから半年弱晴れて「無職」になりました。

 

将来が不安な中高生へ贈る言葉

f:id:hanano_mani_0125:20170910073135j:plain

 

 

「自分だけの人生を歩め」

 

僕のこれまでの経験からすると、自分の気持ちをないがしろにし、他人の意見を鵜呑みにして重要なことを決めるとロクなことがありません。自分に嘘をついて、無理やり自分を動かせば必ずどこかで崩れます。例えそれが「大人が言う理想の進路」だったとしても、「自分が下を向いて進む進路」の先に輝かしいものは絶対にありません。

 

誰にも「得手」「不得手」がありますし、「貴重な時間」「貴重な若いエネルギー」をわざわざ苦手なことに時間を使ってやる義理はありません。

 

自分が「やりたい」と思えることを見つけ、それを追求することに使いましょう!

やりたいことが見つからないのなら、いろんなことに「挑戦」しましょう!

 

僕も大学中退後は学部を変えて再入学し、そこでやりたいことを見つけて挑戦しまくってます。

 

 

「あなたのやりたいことは、何ですか?」

 

 

 

 

 

 

読者登録をして頂けたら凄く励みになりますので、是非登録をお願いします!