Wake Up!

まにまにらいふ。

やりたいことをして生きる。

【TECH::CAMP】文系大学生が1ヶ月でプログラミングを学んでみた評価・レビュー

SPONSORED LINK

f:id:hanano_mani_0125:20170907120821p:plain

どうも、最近寝る時間が遅くなったまにです。

 

最初の記事で、プログラミングスクール「TECH::CAMP」に通ってプログラミング勉強してます!って書いた気がしますが、あと数日後には卒業するので、1ヶ月「TECH::CAMP」でプログラミングを勉強した感想を書いていこうと思います。

 

 詳しくはこちら

 


TECH::CAMPに行こうと思ったきっかけ

 

前々から漠然と「プログラミングを勉強したい!」という気持ちがありました。

 

文系学部へ転部してからやっと時間とお金にも余裕が出たのもあって、

「じゃあ、夏休みに勉強しよう!」となったわけです。

 

どうやって勉強しようかなーって考えた時に、

「独学」と「プログラミングスクールに通う」の2択で悩んだのですが、

 

試しに「TECH::CAMP」の無料体験会に参加してみたら…

 

無料体験会で簡単なプログラムを組めちゃうという素晴らしさに感動して、

その場で受講を決めちゃいました。

 

工学部で受けたプログラミングの授業でも、プログラムを組むまでに何時間もかかったというのに…。

 

「無料体験会の」たったの30分で組めちゃったんだから、「自分が求めてたのはこれだ!」と思いましたね。

 

 受講したコース

f:id:hanano_mani_0125:20170907120943p:plain

 

「TECH::CAMP」では、

僕は「Webアプリケーションコース」を1ヶ月受講しました。

 

プログラミング初心者が学びやすいとされる「Ruby」という言語と、

 

「Ruby」をベースとしたWebアプリケーション・フレームワーク

Ruby on Rails」を中心に学べるコースです。

 

実際に「Ruby」「Ruby on Rails」を使って作られたWebアプリの例を挙げると、

 

  • Twitter
  • クックパッド
  • 楽天

 

などが挙げられます。

 

ユーザーが情報を送信して、サーバーが情報をユーザーに返す

 

動的なサイト

 

いわゆる「Webサイト」が作れるようになります。

 

僕もこの1か月で、まったくの「未経験」から「簡単なWebサイトを作れる」というレベルまで到達することが出来ました。

 

受講費用は?

 

 

下の画像は受講当時の「TECH::CAMP」の受講料金です。

(現在は体制が変わり、受講システムも変更になっています。詳しくは「TECH::CAMP」公式HPを参照してください。)

 

通常料金

 

f:id:hanano_mani_0125:20170907104817p:plain

学生料金

 

f:id:hanano_mani_0125:20170907104758p:plain

 

僕は「学生」なので、「学生料金」が適用されるのですが…。

 

「通常料金の半額」とは言っても、学生からしたらやはり「高い」。

 

普通に旅行に行けちゃう金額ですよねー。

 

僕の場合は夏休み割引は無かったので、支払った金額は「参加費用+レンタルMac代」で約7万円でした。

 

 …が。

 

僕が通っていた「天神校」が僕が受けた第45期で「閉校する」ということで、

 

運営からお詫びとして「受講料の半額」が返金されることになりました!!

ウッヒョー

 

というわけで、実際にかかった費用は「約4万円」です。

少し高いですが、「それだけのリターン」があるので、十分払ってもいい金額だと思いますよ!

 

どれくらい勉強したの?

 

大体1ヶ月で「120時間」ほど勉強しました。

 

勉強したといっても、「ノートにガリガリ内容をまとめる」ようなものではなく、

 

カリキュラムを読みながらサンプルアプリを開発したり、

自分でWebアプリを一から作り上げる「オリジナルアプリケーション」を開発したりした時間の合計が「120時間」です。

 

ただ、やはり「理解」して「説明できるようにならないと、自分の力として残らないというのは感じました。

 

あくまでも「簡単なアプリケーションが作れるようになる」のがカリキュラムの最終目標なので、「Ruby」や「Ruby on Rails」のすべてを網羅しているわけではありません。

 

ちょっと説明が足りないかなー。と思う所は数か所あり、理解に時間がかかるところは結構ありますね。

 

しかし、そんなときのために「TECH::CAMP」には「メンター」がいます!

カリキュラムの全範囲を出題範囲とするテストを受け、登用率10%の難関を突破したつわものばかりですので、質問する時も安心です。

 

僕はカリキュラムでつまづくことがなかったので、メンターさんに質問することはなく、面談の時くらいしか話しませんでしたが(笑)

 

ともあれ、「困ったときに教えてくれる人がいる」というのが「TECH::CAMP」の強みですね!

 

受講を終えた感想

 

凄く良い経験になりました!

 

「未経験」から「簡単なものなら開発できる」ようになれたのは僕としては凄く大きいです。

今後IT企業に就職するとなったときも、「こんなものが作れます!」ってポートフォリオを見せれば、必ずアピールになりますし、

 

IT企業に限らずとも、今後社会に出てエンジニアと一緒に仕事をするとなった時役に立つでしょう。

 

それに、2020年からは小学校でプログラミングが必修化されます。

 

小学校でプログラミングを学んできた子たちが社会に出て、

「プログラミングなんて小学校でやったよなー」なんて話してる中で、

プログラミングのことを何も知らないおっさんは肩身の狭い思いをする…。

 

さすがに辛いですよね(笑)

 

 

「毎日なんか暇だわ~」

「何か充実しねぇな~」

「面白いことないかな~」

と、ぼやいている大学生には、「TECH::CAMP」を全力でオススメします!

 

「TECH::CAMP」に行こうかな~と迷っている人はぜひ一度「無料体験会」に参加してみてください!

 

素敵なメンターさんが色々教えてくれますよ!

 

それでは!